イメージ

ドッグフードの保存方法

我が家の大事な大事な可愛いわんちゃんの為にお口に入れるものは常にクリアな状態にしてあげたいですよね!
そんな愛犬家様のために今回はドッグフードの保管方法での注意点を3つご紹介させて頂きます。
1.直射日光の当たらない冷暗所で保存
直射日光はダメな理由は、酸化してしまうからです。酸化しているドッグフードを食べるとわんちゃんが下痢や嘔吐をしたり、体に発疹が出たりする場合があります。本来犬は食べ物を臭いで判断し、危険な食べ物を見分ける能力が高いですが、中には鈍感なワンちゃんもおり、食べておなかを壊すことがあるのです。
冷暗所の例:キッチンのシンク下、、床下、クローゼット、押し入れ 等...
2.開封後はジップロックへ
空気に触れる回数が多いと酸化してしまうので、出来るだけドッグフードが小分けしてある商品を選ぶ事をおすすめします。
もし、小分けにされていない商品を購入されてる方はジップロックで保管をする事をおすすめします。
毎日の摂取量をあらかじめ計って小分けすると酸化も防げ、毎回エサの量を計測しなくても良いため一石二鳥です。
3.冷蔵庫には入れない
冷蔵庫に一度保存してしまうと出し入れの際の低温・高温の温度差が繰り返し起きることにより、粒の表面に細かい水滴が発生してしまいます。
その結果としてカビが生えやすくなり、ドックフード自体が劣化してしまいます。
カビの生えたドッグフードを食べてしまうと中毒症状を引き起こし、死に至るケースもありますので、十分お気を付け下さい。
いかがでしょうか?
みなさんもこれを参考にドッグフードの保管と賞味期限には気を付けてくださいね。